買取も人気のフィギュアの誕生
3Dプリントサービスのアビスト
ネットからデータを送って短期間で3D出力品がお手元に。ゆるキャラのフィギュア作成などにご利用下さい。
http://abist-3dprint.com/

フィギュアとは

今でこそ誰でも数体は所持してるであろうフィギュアですが。

現代人なら好きな漫画や映画のキャラクターのフィギュアを部屋に飾っていることは 何もおかしいことではなく、むしろ家中探しても1体もないような家庭の方が 珍しいと言われるまでに日本中に普及しています。 フィギュア熱はさらに高まり、棚や机の上に飾る小さなフィギュアでは満たされず、「アニメやゲームのキャラクターフィギュアを等身大で作って欲しい!!」という声が主にネット上で飛び交い、実際にオリジナルの等身大フィギュアを部屋に飾るマニアも増えています。これはもう、フィギュアに対して家族同然の思い入れがあると言っても過言ではありません。ですがそれはここ最近の事情であり、20年前や50年前、もっと遡ってはるか 2000年前はどうだったのでしょうか。 少なくともアニメのキャラクダーのフィギュアは存在していなかったでしょうし、 恐竜のならばわずかながらに可能性はありますが確実にあったと言えるか、それは ほとんどの方は断言できないはずです。

続きを見る

磁器のフィギュア

最近の買取の盛んな人気フィギュアは磁器で造られてはいません。

ハニワレベルの人形でなくもう少し近代的な人形はいつ頃から庶民の間で流行 したのか、マニアでなくても気になるところでしょうがだいたい18世紀頃だと いう説が有力のようです。 ヨーロッパで磁器の人形が量産されるようになった時期で、マイセン地方で始まった 産業であるためか磁器製品全般のことをマイセンという名で括っていたようです。 つまり当時ヨーロッパで製造されていた人形は、フィギュアでありマイセンでも あるということのようです。

続きを見る

日本のフィギュア

人形ではなく日本でフィギュアと呼ばれる製品はいつ頃から普及したのか。

昔からジャパンには日本人形や髪の伸びる人形があったので、英語でいうところの フィギュアの始まりは相当遡ることになりそうです。 ですが今本屋さんやアニメのグッズを扱っているお店、貴金属やブランド品の買取や 販売をしている古物商に出入りしている若者が呼ぶフィギュアに近いアイテムが登場 したのは、そんなに遠い過去ではありません。 自動販売機でおでんを購入して飢えを凌いだり訓練されたメイドのいるお店で優雅 なティータイムを楽しむ人種が収集するのはアニメ関連のフィギュアで、磁器製品 でキャラに名前や設定が付与されていないアイテムは除外されます。ちなみに最近では等身大(原寸大)フィギュアの需要が高まっています。 これには大型で高性能な3Dプリンタが必要となり、国内でも生産しているのはごく限られたフィギュアメーカーのみです。

続きを見る

フィギュアの作り方

買って眺めるだけではなく作り方にも興味を持とう。

あれも欲しいこれも欲しいと気が付けば何百体ものフィギュアを収集しているような 熱心なマニアになると、「そろそろ自作してみようかな、難しい技術は持ってない けど愛があるからきっと大丈夫、乗り越えられるさ」と考える時期が遠からず やってくるのですが、製作には多大な労力を要しますので一通りの手法を確認して 本当にやり遂げられそうか自問自答し、人脈やネットワークを駆使すれば可能か、 「時間はかかりそうだけどいける!」と結論が出でから取り掛かりましょう。 基本としてはいきなり完成品を作るのではなく、原型を作ってそこから複製した ものを完成品として扱うことになります。
ちなみに、オリジナルキャラクターのフィギュアを作るなら3Dプリントサービスという心強い味方がいます。 自分でキャラクターをデザインしてデータ化したものを3Dプリンターで立体出力するのです。3Dプリンターを自分で購入するのは経済的にキツイので ここは3Dプリントサービス業者にまかせましょう。ただし、等身大サイズは難しいかもしれませんね。自分のデザインした美少女キャラやゆるキャラのフィギュアがネットや口コミで人気に火が付き大儲け・・・ なんてことも夢ではないかもしれません。

続きを見る